転居届け

引越しをするにあたり、引越し前に転出届の手続きをする必要があります。
転居元の市区町村役場で手続きを行い、そこで転出証明書を発行してもらうことになりますが、その書類は転居先の市町村役場で転入届けの手続きをする際に提出する書類になるので大事に保管しておきます。
転居先が転居元と同じ市町村内ならば、この転出届の手続きの必要はないため、引越し後の転居届の提出に限られます。
転出届けを行う人は原則、本人か世帯主になりますが代理人による手続きも可能で、必要な書類としては、運転免許証やパスポートなどの身分を証明できるもの、印鑑、国民健康保険証となります。
転出届けの手続きが引越し前にできなかった場合は、もし忙しくてできなかった場合や忘れてしまっていた場合は、引越し後二週間以内であれば転出届けを発行してもらうことができます。
ただし、転入届けも引越し後2週間以内にしなかればならないことになっているので、期限内の最後の日に手続きを済ませることになったら、その日のうちに転出届と転入届を提出しなければならないということになります。
転出届けは転居元の市町村の役場でないと手続きができないため、転居先が県外など遠い場合は転居元に戻って手続きをしなければならなくなり、かなりの負担になるので転居前に必ず済ませておきましょう。
もし、転出証明書を発行してもらったあとに、引越しが中止になってしまった時は、転出中止の手続きをすることになりますが、これを忘れてしまうと、どこにも住所が無いことになってしますので注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ