転入届け

引越しをする際に必要となる手続きに転入届けがありますが、転入届けは転居前にすることが出来ないのに加え、転居後14日以内に手続きをしなくてはいけないという決まりがありますので、引越し後忙しい中での手続きとなるため、あらかじめ計画を立てる必要があります。
また、転出届けの手続きの際に発行された転出証明書が転入届けをする際に必要になるため、転居前に必ず転出届の手続きを完了させておきましょう。
転居先が転居前と同じ市町村の場合は転入届の手続きは不要ですが、代わりに転居届けを転居後2週間以内に済ませる必要があります。
転居後2週間を過ぎてしまった場合でも手続きをすることは可能ですが、その場合は裁判所から過料を請求される場合もあるので確実に済ませましょう。
転入届けの手続きを行うのは本人か世帯主になりますが、無理な場合は代理人での手続きも可能となります。
また、転入届けに必要な書類としては転出証明書、運転免許証・保険証・パスポートなどの身分証、印鑑になりますが、印鑑証明を受ける場合は印鑑証明用の印鑑も忘れないように持っていきます。
転出届けの手続きの際には、転居先の住所が必要となりますが、転出証明証を発行してもらった後に転居先が変わった場合でも、その転出証明証のままで転入届けの手続きをすることが可能なので、新しい転出証明証の必要はありません。
転入届は転居先の市町村役場で手続きを行うことになりますが、児童手当や介護保険、転校手続き等も市町村役場でするので、同時に出来る手続きはまとめて済ませましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ