車庫証明証

車庫証明書とは、正式な名称を自動車保管場所証明証と呼び、自動車を保管する場所がしっかり確保されているかということを証明するもので、車庫証明書の手続きを行うには転居先の地域を管轄する警察署で申請をする必要があり、その際に場所の確認をしてもらわなければなりません。
会社の転居の場合は事務所の新住所、個人の転居の場合は転居先の新住所から、直線距離で2km以内に自動車を保管するスペースを確保する必要があります。
また、自動車の一部だけが確保できるようなスペースしか取れない場合は車庫証明証が取れないため、必ず自動車全体が収納できるスペースを確保する必要があります。
他にも道路から車の出入りが出来ることや、自動車の保有者が自動車の保管場所に対して自動車を補完する権限があるかということ等が車庫証明を取得する上で必要な条件となります。
車庫証明証は提出した書類に間違いがなければ、大体7日~10日程度で交付されます。
車庫証明の手続きをする際に、車庫証明に必要な書類としては、自動車保管場所申請証、保管場所の所在図・配置図、自分の土地に車を保管する場合は保管場所使用権原疎明書面
土地を借りて車を保管する場合は保管場所使用承諾書、その他には収入印紙などが必要になります。
車庫証明証の手続きにかかる費用として地域によって多少の差はありますが、普通自動車が2000~3000円、軽自動車で500~600円くらいになります。
車庫証明を取得せずに運転や公道に駐車をすると違反になり、場合によっては懲役刑や罰金刑になるので注意が必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ