金融機関や保険会社

引越しをするにあたり、たくさんの種類の手続きを進めていかなければなりませんが、その中でも銀行の口座や保険会社の手続きは、忘れがちになりやすい手続きになるので、引越し前に出来るだけ早くこれらの手続きを済ませるようにしましょう。
基本的に変更の手続きは引越しをする前に行うもので、銀行の手続きには住所変更と口座引越しなどがあり、手続きに必要なものは通帳・届け印・キャッシュカード等になります。 店舗での手続きをはじめ、ホームページや郵送での手続きを取り扱っているところもあるので、事前に調べて負担のかからない方法で手続きを行うと引越し前の負担を軽減することになります。
地方銀行を利用している場合は、転居後に支店や現金自動預け払い機が設置されている店舗がない場合があるので、これらの有無を確認しておき、使用している銀行の支店や現金自動預け払い機が転居先にない場合は、転居前に銀行口座を解約し転居先で新しい銀行口座を速やかに作れる準備をあらかじめ整えておくようにします。
保険会社への手続きは手続きに必要なものや期間は銀行の場合とほぼ同じで、引越し前に手続きを済ませるのが理想ですが、転居前に確実に済ませておかないと所得控除証明書などが新住所に届くまでに遅延しかねないため、早めに済ませるようにします。
場所によっては保険会社・代理店の担当者の方に直接連絡を入れて手続きをしてもらう場合などもあるので、各保険会社に事前に確認を取り、スムーズに手続きが行えるようにしておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭へ